コンプライアンス経営

コンプライアンス

信頼されるパートナーとして ~コンプライアンスの確立

日本の製造メーカーの外部戦力の活用拡大に伴い、取引契約・雇用形態が多様化する現在、その処遇やセーフティネットをめぐっては大きな社会問題とさえなっています。
そうした中、「人の力」「組織の力」でお客様をサポートする当社は、労働法・労働者派遣法の遵守はもとより、「企業の社会的責任」をさらにはたす存在となることを、一貫して最重要課題と位置づけています。

私たちは、私たちの仕事を「下請け」とは考えません。相互に深い信頼関係に結ばれたパートナーであり続けるために、コンプライアンスの確立を推進すると同時に、社員一人ひとりの「人財」づくりに力を注いでいます。

マージン率等の情報提供

派遣元事業主は、毎事業年度終了後に、「労働者派遣に関する料金額と派遣労働者の賃金額の差額の派遣料金に占める割合(マージン率)」等を提供することが義務付けられました。(法第23条第5項)

マージン率は、下記の計算式で算出します。

マージン率

(株)イカイに関するマージン率はこちら(PDF)

マージン率に含まれる派遣事業の運営に必要な経費

マージン率は、派遣料金から派遣労働者の賃金を除いた金額が派遣料金に占める割合を示すものですが、このマージン率に相当する金額には、当事業所の派遣事業の運営に必要な経費として次のものが含まれています。

①社会保険料 派遣労働者の社会保険料(健康保険、厚生年金、雇用保険)の約半分を雇用主である当事業所が負担しています。また、労働者災害補償保険の保険料(全額)を負担しています。
②派遣労働者の
有給休暇費用
派遣労働者が有給休暇を取得した際の賃金は、当事業所が負担しています。
③募集費、教育訓練費、
福利厚生費等
当事業所では、派遣労働者の募集に必要な募集費、資格取得や技能講習の受講、研修会の実施等のための教育訓練費、健康診断費用等の福利厚生費などの費用が必要です。
④その他の経費 当事業所の営業担当や労務管理担当者などの人件費、事務所の賃借料金、事業の運営のために必要な経費があります。

イカイグループの対応

イカイグループでは、マージン率や教育訓練等の情報を派遣許可事業所ごとにまとめ、備え付けてございます。